事故物件に人気が殺到って本当ですか?

香川県高松市のマイホーム・ラボ株式会社

濱井晴美です。

 

 

事故物件と聞くとなんだか怖いですよね。

今日はいきなりインパクトあるテーマですが

少し前に、無事に事故物件と言われる物件の取引が

買主さまも納得の上で、無事終了しました。

 

 

えっ💦

そんな物件住みたくない

思われる方もいらっしゃると思いますが

正しく知っていただくことで事故物件も魅力的な

物件になるってこともあるんです。

 

 

「事故物件=自殺や殺人が起きた物件」というイメージを

抱く方も多いのではないでしょうか。

そういうイメージも間違いではないですが、

正確には「心理的瑕疵のある物件」を事故物件といいます。

 

 

「心理的瑕疵のある物件」とは、

過去に人が死亡するなどの事件や事故があり、

心理的抵抗を感じてしまう事項(心理的瑕疵)がある物件のことです。

 

 

例えば、前の入居者が

自殺をした部屋だと知らずに入居して

暮らしはじめて半年後に近所の方から聞いたとし

 

そこで、『もし自殺があったと知っていれば入居しなかった』と

感じる心理的瑕疵のある不動産のことです。

 

でも困ったことに

「心理的な瑕疵」は法律で定義されているわけではなく

まだまだ曖昧な部分も多いですが。。。

↑↑↑(国交省の指針案)

 

 

例えば、テレビドラマのような

殺人事件に巻き込まれて亡くなったとなれば

しばらくの間は間違いなく事故物件扱いになりますが

 

 

一緒に暮らしていているおじいちゃんが

急に具合が悪くなって突然死し

すぐに発見された場合や

家族が寿命で亡くなるのは事故物件なのか?

難しいところですが

 

でもご安心くださいね(*^-^*)

事故物件を賃貸・売買する場合、

事故物件となった原因(心理的瑕疵)について

売主から買主へ必ず告知する必要があります。

 

 

もし売主が買主へ心理的瑕疵を告知しない場合、

告知義務違反となるため契約自体の取り消しや

瑕疵担保責任にともなう損害賠償請求などがあります。

 

 

「事故物件はデメリットしかない」と思われがちだけど

メリットもあるんです。

 

 

事故物件は一般的な不動産と比べると需要が低く

平均的な販売価格では売却しづらいと判断され、

一般的な不動産よりも安く購入できるんです。

 

 

以前、持病ある方がお風呂場で亡くなられたという

事故物件を取引したことがありますが

相場よりも、かなり安く購入され

お風呂の大リフォームし事故物件の雰囲気を払拭し

快適に生活されているという事例もあります。

 

 

また、投資物件として事故物件を安く購入され

リフォームやリノベーションなどで

事故物件の雰囲気を払拭し

周辺相場と変わらない家賃での賃貸され

ガッチリビジネスされているケースもあります。

 

事故物件も、怖いだけじゃないんです。

 

不動産を一方でなく

多角的に見てご相談に乗ります。

 

不動産のことなら

マイホーム・ラボにお任せください(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市生まれ。3人の子供を持つ母。株式会社マイホーム・ラボ代表取締役。香川県高松市木太町、レインボー通りの賃貸、売買物件をご案内して23年。満室経営のノウハウをオーナー様に伝授。相続でお困りの方に対して個人相談を行っている。各地でセミナー講演も行う。空き家問題プロジェクトメンバー。働き続けたい女性のための自立支援も行っている。
高松市レインボー通り物件|香川県高松市のマンション、アパート、事務所を紹介